TARORIN.COM

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

*

よく眠ることが大切なもう一つの理由

      2016/05/09

いま国際MR学会(ISMRM)に参加しています。ホテルに帰って寝たら、9時間も目が覚めませんでした。こんなに寝たのはどのぐらいぶりだか憶えていないぐらいです。昨日は教育講演を担当しましたが、練習などでかなり負荷がかかり、疲れていたのだと思います。

いつも仕事でどうしても寝不足になりますが、眠ることに対して、このTEDのプレゼンテーションを見てから非常にまじめになったと思います。あまりにも衝撃的な研究結果を目の当たりにして、研究成果というのはありがたいものだなと思いました。

以下はその講演の抜粋です。

私たちの体の中には、リンパ管が通っています。身体に生じた老廃物を流すための管、いわば下水道のような働きをしていて、身体の血管に沿って分布しています。つまり体中のそこらじゅうに存在するわけです。

スクリーンショット 2016-05-08 11.56.24

しかし、脳にだけはこのリンパ管がありません。この理由が長らく分かっていませんでした。また脳に生じた老廃物をどうやって捨てるのかについてもよく分かっていなかったのです。

彼らの研究により分かったことは

スクリーンショット 2016-05-08 11.42.32

脳脊髄液(CSF; Cerebro-Spinal Fluid)が、血管の外を沿うようにして流れ、これが脳細胞から生じる老廃物を排除しているということでした。

スクリーンショット 2016-05-08 11.43.09

血管の外を液体が流れる、というのはとても驚くべき事実です。なぜなら血管はその名の通り「管」であって、何かを流すとすればこの管の中を通るべきであるはずだからです。なぜ、リンパ管という下水用の管を脳の中に作らないのでしょうか。

脳は、それ自体がとても高機能な組織です。酸素を大量に消費しますから、なるべく小さく作って高機能を保持したいわけですね。脳を守るために頭蓋があり(=enclosureがあるということ)、その限られた小さな容れ物の中になるべく脳を高密度に充填したい。だから、願わくばいちいち下水道のための管を作って体積を無駄にすしたくはないわけです。それは分かります。

しかし下水道がなければ老廃物を排泄できません。これが長年の疑問でした。

彼らは、老廃物を除去するCSFの流れ(血管の外を流れる現象)が、選択的に睡眠時に起こることを発見しました。下の写真はそれを示したもので、睡眠時(右下)に、赤〜黄で表示されるCSFが、覚醒時(左上)ではほとんど見られないことが分かります。

スクリーンショット 2016-05-08 14.08.06

・・・睡眠時に脳活動が低下すると、脳細胞が一時的に萎縮して、できた余分のスペースをこのCSFが流れて老廃物を除去するというメカニズムだったのです。・・・つまり、眠ったときにこそ、老廃物が除去されるのです。血管の外に、眠った時に生じる僅かなスペースを使って老廃物を流すというのは、限られた体積を効率的に使うためには、きわめて合理的なことですね。

スクリーンショット 2016-05-08 11.43.39

これは、私達の生活にも似ています。平日は忙しく仕事をしたりして時間がありませんから、週末にまとめて家事をして、家中のゴミ箱のなかのゴミを集めたりします。

このことと同じように、脳は、忙しく働いている日中は、その能力を最大限にするために脳細胞をフル活動させ、老廃物は一時的にそのままにしておきます。そして寝た時に拡大したスペース(血管外腔=けっかんがいくう)を使って一気に老廃物を排泄するようにしているわけです。ですから、眠らないと、老廃物が溜まり続けている状況でぼんやりとした脳活動を続けるということになります。

ご存知のように、アルツハイマー病では、脳内にアミロイドβタンパクと呼ばれる老廃物が溜まって生じる病気です。睡眠不足と、このアミロイドβの蓄積との関連があるかどうかは明らかにはなっていませんが、我々は老廃物をきちんと排出する環境を整えるために、意図して睡眠をしっかりとらなくてはなりませんね。

TEDのこの講演は以下で見ることができます。

http://digitalcast.jp/v/21155/

 

なお、この記事で示しているように、日本語と英語の両方で字幕を表示したいときには、以前の私のブログの記事を読んでください。

字幕とクローズドキャプション

BN カラフル自転車

BN メラトニン 海外BN 格安フルオーダー バラエティ

 - 科学

  関連記事

スクリーンショット 2014-10-29 16.16.39
7Tのすごい磁力 = 渦電流で椅子が倒れなくなる

今日のお話は、ちょっとムツカシイので、まずは現象を見て下さい! ↓ これは、椅子 …

goole_top
日本科学未来館~ASIMOくんと大友先生に会える

これは以前のホームページの記事です(2002/1/13)

スクリーンショット 2014-10-12 10.59.30
時差ボケ解消・メラトニン

(20010/12/6) 今回のRSNAへの旅は過酷でした。 オランダ→日本に帰 …

laser6
緑のレーザーポインター・色覚バリアフリー

これは以前のホームページの記事です(2002/5/13) その1:最初の紹介 そ …

スクリーンショット 2015-03-25 0.22.01
地震解析ラボー地震予知

株式会社シー・ティー・イーの船橋副社長・取締役(右)と、鴫原(しぎはら)さん(左 …

スクリーンショット 2016-05-23 12.52.18
火星中接近 火星・土星・アンタレスの競演を観よう!

火星は2年3ヶ月ごとに接近しますが、今年は(次回の大接近に次ぐ)中接近で、かなり …

hanshin
地震の備え ~阪神大震災(1995.1.17)の教訓~

これは以前のホームページの記事です(2003/1/11) なお該当記事はこちら。

スクリーンショット 2014-10-11 21.41.48
Segwey重大ニュースとは?

これは以前のホームページの記事です(2002/11/18)

alchol
飲酒量 vs 呼気中アルコール濃度(経時変化)

  これは以前のホームページの記事です(2002/12/24)

12
地震予知の試み~串田法とは何か。どう読むのか

これは以前のホームページの記事です(2005/5/26)