TARORIN.COM

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

*

68年ぶりのスーパームーン だから何?

      2017/04/24

みなさん!2016年11月14日は、なんと68年ぶりの超スーパームーンですよ! こんなに違うんです!!

右のほうが遥かにすごいでしょ!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-14-35-45

・・・なわけないですよね。

見ているスマホの画面にもよりますが、実際にはさらに小さく見えます。だから2つのスーパームーンの大きさの違いが分かる人は、、、、いるわけありませんよね。


 

実はスーパームーンは、毎年のように起こる現象なんです。

今年のスーパームーンは、たしかに過去68年間で最も距離が短くなりますが、いつものスーパームーンと比較したら、最大で見積もってもその差はせいぜい3%。赤い曲線のゆらぎの下端にあるというだけなんです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-14-57-31

上図は35万キロ以下を切ってありますから、本当に近い縮尺で表現すると・・・

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-14-58-58

こんな違いしかないんです。平均的なスーパームーンと比較したら、1.5%ぐらい大きいかなぁ・・・見栄え的に全く変わらないわけです。これで煽っちゃうわけなんですよ。

情報操作ってコワイ!!

 

遠地点と近地点の満月は識別できる

ちなみに、上記の赤い曲線は、近い時(近地点距離)のゆらぎで、緑の曲線が遠い時(遠地点距離)のゆらぎです。

各々のゆらぎは小さいですが、赤い線と、緑の線は十分離れています(違いがあります)ね。つまり、近いときと遠いときでは確かに目で見て分かるんです。

毎年起こっていますけど。

 

下のような遠地点と近地点近くの月の写真を出して、「SUGEEE!」とみんなに思わせているんですね。

まあ、それでも、近いときは遠いときに比べて、うんと明るくて大きいので、「ああ今日は大きな満月だなぁ」と、ほんのり祝ってあげましょう笑!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-04-22-8-22-54-1024x806


 

インターネット上にはこのように不正確な(ときには耳目を集めるためにインチキに近い)記述がいっぱいあります。上記は、誰でも分かる「遠地点と近地点の満月」の違いを写真に出しながら、実際には「近地点で起きる満月の大きさのプラスマイナス1.5%のゆらぎ」が68年ぶりに最小値となることをやたらに強調しているのですね。

流れ星が流れる日 でもあるある いい加減な記述

最近は流星群でもよくこのような記述があります。「今夜は流れ星が流れます」というようなものですね。最近、この手の記事が多いと思いませんか。

普通の人がチャレンジしてはっきりとわかるのは、3つだけ1月4日のしぶんぎ座流星群と、8月12日のペルセウス座流星群と、12月14日のふたご座流星群です。これらは空の暗いところで、月明かりがなけれは、1時間にそうですね20個か、ラッキーなら30個ぐらいはいけます。つまり、平均したら2分か3分に1個ぐらい。めちゃ暗いところで、ラッキーなら、1分に数個見えることもある。でも月があったり、雲があったり、明るかったりしたらこれよりうんと少なくなります。

この3つ以外は極端に数が少ないんです。普通の人は、2分以上ずーっと夜空を見ることには慣れていませんから、せっかく夜起きて立っていても「見えなかった」という残念経験を増やしてしまうだけ。天文ファンとしては、「いい加減なこと書かないで!」という気持ちです。

見ることの出来る時間帯も、ええかげんな説明が多いのですが、ごくごく大雑把にいって*、必ずと言っていいほど、午前2時〜4時が良いのです。「午後10時ごろが見頃」なんて書いてあったら、それはほとんど天文が分かっていない人の記述ですよ。

I(*地球規模でもっとも降り注ぐ時間帯と、自分がその中でどこにいるかという関係により前後するが、午後10時にピークが来る確率はかなり低く、それが起こった場合は大したことがないと言える)

 

もう少し詳しく知りたい人は、以下をどうぞ。

スーパー(スモール)ムーン!
http://tarorin.com/sciencehead/astronomy/2016/04/supermoon_small/

「君の名は。」を3倍楽しめる、美彗星の秘密 その4 流れ星はなぜ降るのか
http://tarorin.com/sciencehead/astronomy/2016/09/君の名は彗星4/

※ときに、「流星雨」が出現することがあります。2001年に日本で見られたしし座流星「」に近い規模のものが次に出現するのは、最近の科学研究によると、西暦2100年近くになるようです。あの現象は、まさに100年に一度のチャンスだったのですね。

 - 03 お役立ち, 52 お星さま, 宇宙

  関連記事

金星・木星・月の競演

これは以前のホームページの記事です(2004/11/10)

無料スケジュール調整サービス「伝助」

多くの人が集まるイベントで、スケジュールを調整するのはなかなか大変ですね。今日ご …

アップルのメディカルリサーチキット Medial ResearchKitの持つ意味

2015年3月10日、Appleのイベントでは、Apple Watchや新しいM …

魅力的なプレゼンテーションをするには(日医放 関東地方会)

ここでは、「日本医学放射線学会 関東地方会ニュース」(2016/06 No.36 …

しし座流星群 2002

これは以前のホームページの記事です(2002/11/16)

よく眠ることが大切なもう一つの理由

いま国際MR学会(ISMRM)に参加しています。ホテルに帰って寝たら、9時間も目 …

▼ 祝「MRI自由自在」 第20刷決定

さきほどメジカルビュー社から連絡をいただき、拙著「MRI自由自在」の第20刷が決 …

Moto360 – 羨望と失望

Section 1:羨望 スマートウォッチ Moto360を購入 Android …

知ってた? タクシーで後部座席のシートベルトを間違えずに差し込む豆知識

2008年6月1日から、後部座席のシートベルト着用が法制化され、タクシーに乗ると …

「君の名は。」を3倍楽しめる、美彗星の秘密 その1なぜあの彗星には2本の尾があるのか。

ホームに戻る その2に行く(どうしてあんなに空に拡がっているのか) その3に行く …