放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

Tarorin.com 記事一覧

ラジエーションハウス試し読み

      2017/04/24

以下のところから、第一話の試し読みができます。

(画像をクリック、もしくはhttp://grandjump.shueisha.co.jp/original/radiation/

スクリーンショット 2015-12-01 17.44.13

(© 横幕智裕・モリタイシ/集英社)

僕はこの話を読んで、研修医時代に、ものすごくCTができる技師さん(相模原協同病院にいらっしゃる坂井さん)に診断を教わったことを懐かしく思い出しました。本当にお世話になりました。また、超音波診断の分野で活躍している聖マの櫻井正児(まさる)さんのすごい診断技術にはいつも驚きを感じます。横浜栄共済病院の高橋光幸さんとは、MRI自由自在を刊行する前年、一年間に渡り、よく一緒にスキャナーの前で、撮像と診断を共にしました。MRIは、本来は、診断しながら追加撮像メニューを考えていくものなので、ここで扱われているテーマには本当に興味があります。

技師長さんは病院内でタバコ吸わないと思います (^^;) が、この漫画には共感するところが沢山あり、楽しみです。

スクリーンショット 2015-12-01 18.30.01 スクリーンショット 2015-12-01 18.30.08 スクリーンショット 2015-12-01 18.30.17 スクリーンショット 2015-12-01 18.30.24

 - 81 医学一般, その他, 繰り返しがんドック

  「81 医学一般, その他, 繰り返しがんドック」カテゴリーの人気記事

僕の奥さんが今日4回針を刺された
僕の奥さんが今日4回針を刺された

僕の奥さんが造影MRI検査を受けた。本来なら1回で済むはずのところ、4回針を刺さ...

ハンガリーの医学部へ進学
ハンガリーの医学部へ進学

今夜は、僕の勤める学科を卒業して、いまハンガリーの医学部へ進学する安達裕太朗くん...

線虫を使って癌を早期発見 – 開発者の広津崇亮(ひろつ・たかあき)先生にインタビュー (3)化学走性を用いてがんを診断
線虫を使って癌を早期発見 – 開発者の広津崇亮(ひろつ・たかあき)先生にインタビュー (3)化学走性を用いてがんを診断

 (3) 化学走性を用いてがんを診断 ここでは「化学走性(Chemotaxis...