放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

Tarorin.com 記事一覧

リーフのバッテリー劣化は、「空冷」方式に原因があった

   

電気自動車(EV)を購入しようとするときに、バッテリーの劣化が心配になりますね。

とくにリーフのバッテリーの劣化が目立ちます。テスラのバッテリーは驚異的に劣化しません。しかし、リーフのことが最初に話題になったので、「電気自動車はバッテリーが劣化するから買うと損だ」というヘンな常識が形成されてしまいました。

空冷(リーフ)と水冷(テスラ)で、圧倒的に劣化率が違う

まずこの表をみてください。これは、バッテリーを一定の温度に保ち、1年後にどの程度劣化するかを見たものです。

Buttery Universityのページから引用ー教えてくださった池田さんありがとうございます)

バッテリーを1年間40度に保った場合、充電率が40%で置いておくと85%に減ってしまい、充電率が100%で置いておくとなんと65%に減ってしまうのです。これは衝撃的ですね。

 

日本の夏は最近とみに暑く、何も対策をしなければ、バッテリー温度は数ヶ月もの間、40度内外となってしまいます。充電しているときにはさらに高温になります。だから一年で5%も減ってしまうリーフもあるのです。

テスラのバッテリーは、下のような構造をしていて、水冷(クーラントで冷やす方式)です。高温にならないように常に温度管理をしています。駐車中にも管理されています。そのため、冷却の維持費はかかるのですが、ガソリン車のガソリン代よりは遥かに少ない金額ですみます。この僅かな出費と引き換えに、何百万もする車(バッテリー)の寿命を大幅に伸ばしているのです。

 

その結果、10万キロ走っても、95%残っています。

ガソリン車でも、10万キロも走った中古車は、燃費が悪化します。新車のカタログ値と同じということはあり得ません。そしたら「満タンで走れる航続距離」は減ります。これほどまでにバッテリー保持率が良いなら、ガソリン車と同じことですよね。

欧州では平均で毎年2万キロぐらい走りますから、4〜5年落ちで10万キロの車はいくらでもあります。それが普通の値段で売買されています。日本では10万キロ走行した車は二束三文ですが、欧州ではかなりの価値があります。それがあちらの常識です。

であれば、10万キロのテスラ中古車を安く買って、20万キロまで走っても良いですよね。燃費がものすごく良いですから。(リンク

もともと電気自動車は部品が少なく、そのぶん、交換する部品も少ないので、その費用も発生しないことが、理論的にも推察できます。ちなみにモーターは80万キロぐらい持つことが分かっていて、これはエンジンより長寿命です。

「うそー」って思う人いるでしょう。

でもね、電気自動車(EV)って、クラッチもないこと、ご存知です? 

 

モーターと車軸は接触していないんです。そしたら、クラッチの摩耗とか交換は発生しないですよね。それがないんですから。

「部品がないと、交換も生じない」ひとつの象徴的な例です。ちなみに、変速装置もないです。常に1速。それで0km/h〜250km/hまでカバーしています。

今までの車は、変速の数が多いほど高級。レクサスとかベンツとか、9速ATだったりします。
たくさんあるほどスムースに「次のギアにつなぐ」ことができて、燃費もいい!
数が多いほうがすごい!

・・・今まではそうだったのですが、、

電気自動車は「変速の必要がゼロ」「つなぐ必要がゼロ」究極にスムース。
つまり、こうなんです。

2速以上の車は、多ければ多いほどスムースにつながり、変速ショックが減るので高級。
1速は、変速しないので、変速ショックはゼロだから、最高に高級(スムース)。

・・・これはまた別の機会に書きますね。

↓こちらもお読みください。

テスラのバッテリーは驚異的に劣化しない(リンク)

リーフは早く水冷にすべき

リーフは日本を代表する電気自動車(EV)です。この車のバッテリー劣化が激しいことにより、皆が「電気自動車はすべてバッテリーが激しく劣化する」と勘違いしてしまう、とても残念な現象が起こっています。

昨年の猛暑では、ニッサンの急速充電設備に行って充電をしても、ものすごくゆっくりしか充電できない現象が報告されました(注:バッテリー温度が高温になりすぎると、保護回路が働いて充電速度を落とす)。

日本の夏は暑いのですから、リーフの次期バージョンは水冷以外ないと思います。ニッサンには頑張って欲しいです。

 - 04 EV・テスラ, 42 テスラ, 43 EV

  「04 EV・テスラ, 42 テスラ, 43 EV」カテゴリーの人気記事

テスラオーナーの中村さんが10万キロ到達 〜 電気代・ブレーキパッド消耗・バッテリー劣化少なく
テスラオーナーの中村さんが10万キロ到達 〜 電気代・ブレーキパッド消耗・バッテリー劣化少なく

昨年末に、テスラ・モデルSオーナーの中村壽継(なかむら・ひさつぐ)さんが、めでた...

共同住宅でもOKの電気自動車「日産ノート e-POWER」はみんな欲しいはず (2) リーフ・テスラとの驚愕の比較データ
共同住宅でもOKの電気自動車「日産ノート e-POWER」はみんな欲しいはず (2) リーフ・テスラとの驚愕の比較データ

Section 2:ヲタク編 はい、ところ変わってこちらは「ヲタク編」です...

ポルシェがミッションEに2速トランスミッション搭載
ポルシェがミッションEに2速トランスミッション搭載

Autoblog日本語版で、「ポルシェ、開発中の電気自動車「ミッションE」に3種...