放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

Tarorin.com 記事一覧

テスラ・モデルS P100Dは12月に(正真正銘の)世界最速加速車に。

      2018/01/03

テスラ・モーターズ社長のイーロン・マスクさんのツイートによると、

テスラ・モデルS P100Dは12月に(正真正銘)世界最速の0-60mph加速(≒ 0-100km/h加速)になる

んだそうです。

それもソフトウエア・アップデートで。

 

電流の流し方などを工夫するのでしょうか。

下のグラフは、縦軸が価格(上のほうが高い!)、そして横軸が速さ(右のほうが速い!)です。

テスラ・モデルSのP100Dは、並み居る、そして全てのスポーツカーを超えて、セダンなのに世界で最速になるのです。

そして、いかにコストパフォーマンスに優れたクルマか分かります。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-15-46-32

一番左で一番下のP85Dでも1G(重力加速度)で加速するんですけどね・・・ (^^;

本当の限界に達した・・・

イーロンさんは、先日のツイートで、「もう我々は本当に物理限界に近づいている」と言っていたのですが、このソフトウエア・アップデート(OTA; Over the Air (downlowd))で本当の限界を達成することになるようです。

なぜそこまでして、彼は頂点に達したかったのでしょうか。その理由を知りたい方は、2014年10月に書いた、この記事をお読みください。とうとうここまで来たのか・・・と分かります。

BNデュアルモーター

 - 04 EV・テスラ, 42 テスラ

  「04 EV・テスラ, 42 テスラ」カテゴリーの人気記事

テスラ・モータース・ジャパンの新しいカントリーセールスディレクターに吉田篤司氏が就任
テスラ・モータース・ジャパンの新しいカントリーセールスディレクターに吉田篤司氏が就任

新しいカントリーセールスディレクターに吉田篤司氏が就任 2018/4/20(金...

リーフは実航続距離240キロ、基本的に買いでOK!
リーフは実航続距離240キロ、基本的に買いでOK!

日産リーフが発表され、10月から販売されることになりました。さっそく、銀座日産シ...

共同住宅でもOKの電気自動車「日産ノート e-POWER」はみんな欲しいはず (2) リーフ・テスラとの驚愕の比較データ
共同住宅でもOKの電気自動車「日産ノート e-POWER」はみんな欲しいはず (2) リーフ・テスラとの驚愕の比較データ

Section 2:ヲタク編 はい、ところ変わってこちらは「ヲタク編」です...