放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

Tarorin.com 記事一覧

7Tのすごい磁力 = 渦電流で椅子が倒れなくなる

      2017/04/24

今日のお話は、ちょっとムツカシイので、まずは現象を見て下さい!

↓ これは、椅子を傾けて、パッと離したときの様子です。当然、すぐに地面に着地しますね。

↓ ではMRIのそばではどうでしょうか。
1.5テスラ(15000ガウス)のそばでも、ほとんど変わりません。

↓ ではでは、7テスラでは・・・

びっくりしますよねぇ。最初は永遠に静止したままになっちゃうのかな、と思うぐらいです。
ゆっくりゆっくり倒れていきますね。

これは、「渦電流」という電流の効果なんですね。「レンツの法則」という法則があって、「渦電流は、磁場の変化を妨げるように流れる」んです。椅子が倒れようとすると、強い磁場のなかを横切りますね。だから磁場の変化を生じます。そうすると、椅子の中に、それを打ち消そうとするように電流が流れて、阻止するのです。この現象は、電車のレール用の「渦電流ブレーキ」に使われているそうですよ。

ちなみに、1.5テスラでも、かなり強力ですよね。なのになぜこんなに簡単に倒れちゃうかというと、実は1.5テスラのMRIは、「アクティブシールド」といって、なるべく磁場が外に漏れないように設計されているんです。これに比べて、7テスラの装置は、一応人間には使えるのですが、まだ商用機として成熟していないので、アクティブシールドになっていません。そこで外部に磁場が漏れ漏れなんです。だから、こんな風に強力なブレーキがかかるんです。

・・しかし、7テスラ恐るべしという感じですね (^^)

 - 82 MRI, MRI/CT, 科学

Comment

  1. […] これはtarorin.comの記事を見てください(写真クリックでもOK)↓ […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  「82 MRI, MRI/CT, 科学」カテゴリーの人気記事

2つのクリニックの新規開院(1)PICTORUみたかクリニック(杏林大学附属病院前)ー DWIBS撮影もできる
2つのクリニックの新規開院(1)PICTORUみたかクリニック(杏林大学附属病院前)ー DWIBS撮影もできる

週末は、友人の関係する2つのクリニックが開業し、その内覧会に行ってきました! ...

DWIBS法による全身DWI撮影の現状〜なぜSTIRが必要なのか
DWIBS法による全身DWI撮影の現状〜なぜSTIRが必要なのか

このページは、専門家のための医学的な記述となっております。一般の方で本法(DWI...

「光免疫療法」の小林久隆先生に会ってきました [光免疫療法とは何か・詳細解説]
「光免疫療法」の小林久隆先生に会ってきました [光免疫療法とは何か・詳細解説]

この記事のURLは、 http://tarorin.com/08_mri_me...