TARORIN.COM

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

*

世界のお友達

      2017/04/24

Messengerを通して質問や招待が

最近どういうわけか、Messangerを通して、世界のいろんな人からDWIBSに関する質問が来ます。ひとつひとつに返事を出すのは大変ですが、注目されていることはありがたいです。

最近のものは、一つめはメキシコから、二つめはノルウェイ、三つめはエジプトからです。世界は広い!

メキシコからのは、10月にある研究会に来てもらえないかという打診でした。

スクリーンショット 2016-02-24 0.14.34

(衝撃)ペルーには、PET装置が一つもなかった・・・

昔ペルーでの学会(ISMRMの分科会)に招待されたことがあります。その時に分かったのは、ペルーには、当時、ひとつもFDG-PETがなかったこと。

とてもびっくりしました。ペルーは、フジモリ大統領がいた国で、日本人にとって馴染みが深く、ある程度の経済力はあると思ってました。でもその国に、PET装置がひとつも・・・国の中にひとつも、なかったのです。

だから、学会の講演をした直後に、「ウチは日系の病院なのですが、もし良かったら学会が終わった後に来て直接撮影指導してくれませんか」と言われたとき、一も二もなくOKしました。

ペルーには、その時PETはなくても、MRIは国中に20台以上あったのです。MRIを用いてがんの診断がでいるDWIBS法(ドゥイブス法)は、先進国でないところで特に役立つのだとそのとき感じました。

下の写真はそのときのもの。僕の右の人は日本人みたいだけど、ペルーの人。あれっ、僕がペルーの人みたいなのかな? 僕はこういう体型の、丸っこい人でした!

(ちなみにペルーではすごく面白い体験をしましたので、インカ帝国と宇宙人に書きますね。)

スクリーンショット 2016-02-24 0.28.46

きっとメキシコの状況もあまり変わらないと思います。だから、大学から渡航許可がでれば、ぜひメキシコの研究会に行って、せっかくだから病院も訪れてハンズオンで教えてあげたい。そうしたらPETがなくても、癌の患者さんの診断がかなりできるようになるはずです。きっと役立ちます。この間行ってきたシカゴより、メキシコではうんと切実な問題だと思います。


これはノルウェイの人からのメッセージ。「シーメンス装置で直接冠状断撮影ができるでしょうか」という問合わせです。このあと、写真のやりとりなどしました。彼が撮像した写真をこんなリンク (Skyra 3Tで撮像)を送ってくれましたが、なかなか頑張っていますよね。

スクリーンショット 2016-02-24 0.14.48

こちらはエジプトの大学院生から。「学位でDWIBSを研究しているので、聞きたいことがある」とのことでした。英語がかなりアヤシイ感じなので(僕もそうだけど (^^;) )割と大変でした。。でも、みんな一所懸命です!

スクリーンショット 2016-02-24 0.15.01

 - 51 一般, その他, 海外

  関連記事

▼筋トレ ベンチプレス65キロに

その後もずっとトレーニングは続けています。僕はあまり志が高くないというか、ムリし …

▼トロント旅行中におけるアスパラガスの楽しみかた

http://tarorin.com/delicious/2015/06/asp …

秋田県へテスラで行く(その2)

その2は、那須高原SA→菅生PA→秋田です。やはりFaceBookの記述をもとに …

魅力的なプレゼンテーションをするには(日医放 関東地方会)

ここでは、「日本医学放射線学会 関東地方会ニュース」(2016/06 No.36 …

▼ 新幹線の消火器・非常用ドアコック

▼ 新幹線の消火器・非常用ドアコック いままでは注意を払わなかったけれど、今日新 …

▼動いてる!! テスラ車でテスラ車を追跡

http://tarorin.com/car/2015/11/tesla_app …

▼水素自動車は完全にアウト?

今朝 (2016/5/30) の日経新聞のトップニュースはこれです。 「水素拠点 …

線虫を使って癌を早期発見 – 開発者の広津崇亮(ひろつ・たかあき)先生にインタビュー (3)化学走性を用いてがんを診断

 (3) 化学走性を用いてがんを診断 ここでは「化学走性(Chemotaxis) …

no image
保護中:

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

MOORING – 寝室環境にあわせて温度調節する人工知能マットレス

インテリジェント温度調節機能のある、スマホ連携マットレス 「MOORING」(モ …