TARORIN.COM

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

*

第54回 日本がん治療学会 シンポジウム発表

      2017/04/24

来る2016年10月20日(木) 午前に、第54回がん治療学会シンポジウムで講演をいたします。

時間は10:20〜11:35まで、場所は第2会場(メインホール、横浜国際会議場・会議センター)です。

プログラム・日程表リンク

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-15-01-00

 

発表内容について

全身拡散強調画像(DWIBS法=ドゥイブス法)は、(1) 無被曝 (2) 注射なし(痛みなし) (3) 事前安静不要 の3つの特長のある、MRI撮影法の一つで、2004年に報告をいたしました [DWIBS法の特長などを説明したページ]。

最近では装置の改良により30分で検査が終わるようになり、とくに経過観察において役立つと考えています。そこで今回は、以下のようなタイトルで、とくに骨転移を対象にした解説を行います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-14-58-53

同級生も発表

少し時間が重なりますが、その前のセッションでは、高校の同級生の若尾文彦君(現在センター長)が話しますので、こちらも楽しみにしています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-15-03-34

 

 - 71 ニュース, 83 学会, 学会

  関連記事

DWIBS、遂に 乳癌でも本格始動!

▼今日は古巣の聖マリアンナ医大に行ってきました。ブレストセンターで活躍し、日本の …

DWIBS法による全身DWI撮影の現状〜なぜSTIRが必要なのか

このページは、専門家のための医学的な記述となっております。一般の方で本法(DWI …

乳癌スクリーニング革命(1)〜クール教授と短縮MRI・遺伝子変異〜

このページのアドレスは、 http://tarorin.com/mrict/20 …

▼過剰体重がもたらすもの – MR neurographyの発見

今朝こんなメールを、ユトレヒト大学の友人に書いちゃった。(MR Neurogra …

RSNA2014 番外編3 アメリカでもダイエット・・作戦

(その後の経過を末尾に追加しました! 2015年1月28日) ダイエット進行中 …

▼ トロント大学所属の安い宿泊施設 Chestnut Residence and Conference Centre – University of Toronto

http://tarorin.com/others/2015/05/chestn …

ISMRM-明日のSunrise Course(WB-DWIによる治療効果判定)+ISMRM E-library

ISMRMご参加の方へ 本年のISMRMでは、腫瘍に対する治療効果判定を、DWI …

RSNA2014 番外編5 〜 McCormik Place にタクシーで行くときは West buildingにつけてもらおう

RSNAは5万人も参加する学会です。バスに乗って会場にいくのも、タクシーでも一苦 …

2/4(土)日本乳癌画像研究会で新しいコンセプトを発表

2017/2/4(土)、2/5(日)に、第26回日本乳癌画像研究会が、パシフィコ …

骨転移ガイドライン それでも骨転移はDWIで高信号を呈する

骨転移ガイドラインの新版が日本臨床腫瘍学会から発行されました。   そ …