TARORIN.COM

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

*

アップルのメディカルリサーチキット Medial ResearchKitの持つ意味

      2017/04/24

スクリーンショット 2015-03-10 11.37.38

2015年3月10日、Appleのイベントでは、Apple Watchや新しいMacBookが登場しましたが、医療関係者(および患者)にとって非常に重要なコンセプトが発表になりました。これは医療における「リサーチ」に画期的な成果をもたらすものです。感動したので、スクリーンショットを撮りました。解説をしたいと思います。

↓いままでの医療研究における、きわめて大きな限界は、「研究への参加者数が少なすぎること」でした。

スクリーンショット 2015-03-10 11.38.21

↓研究に参加者を募るためには、ひとりあたりそれなりの謝礼を払わなくてはなりませんし、募集自体も大変です。ですから、大量のデータを集めるには莫大な予算も必要です。

スクリーンショット 2015-03-10 11.38.44

↓もうひとつの限界は、「主観的なデータの取得」に頼っていることです。病気の症状を調べるために、患者には「どの程度症状が重いのか」を主観的に書いてもらいますが、

スクリーンショット 2015-03-10 11.39.41

↓たとえばこんなふうに(0〜4のうちの)「2番めかな?」、といったように主観的に記してもらいますから正確性には劣ります。

スクリーンショット 2015-03-10 11.39.58

↓3番目の問題点は、データの取得頻度を高くはできないということです。
スクリーンショット 2015-03-10 11.40.02

↓患者さんに協力してもらうわけなので、たまにしかデータを得ることができません。スクリーンショット 2015-03-10 11.40.14

↓さらには、(協力した患者さんにとってつまらないことに)情報の提供が一方通行でしかないことも問題でした。結果がどうなったかを知りたくても、容易に知ることはできませんでした。
スクリーンショット 2015-03-10 11.40.18

↓いま、iPhoneは世界で7億人に使ってもらっています。
スクリーンショット 2015-03-10 11.40.50

↓ですから、iPhoneや、これから発売するApple Watchを用いて、こういった医療研究に貢献するためのキットを作りました。
それがReaserchKitです。
スクリーンショット 2015-03-10 11.41.21

↓研究者にとってもアプリを作ることが容易です。

スクリーンショット 2015-03-10 11.41.26

↓すでに沢山の大学の協力を得て、現時点で5つのアプリを作ることができました。
スクリーンショット 2015-03-10 11.41.39

↓ひとつめはパーキンソン病です。

スクリーンショット 2015-03-10 11.41.44 スクリーンショット 2015-03-10 11.41.55

↓患者さんが研究に参加するのはとても簡単です。このように、同意書の説明を読んで
(同意=Consent)

スクリーンショット 2015-03-10 11.42.00

↓サインをすれば良いのです。

スクリーンショット 2015-03-10 11.42.14

↓ iPhoneのアプリケーションを使って、パーキンソン病の診断もできます。
これはタッピングテストというもので、2つのボタンを交互にタップします。

スクリーンショット 2015-03-10 12.12.14↓どのていど敏捷にタップでき方どうかをもとに、振戦(Tremor; トレモール; ふるえること=パーキンソン病の症状のひとつ)を診断できます。
スクリーンショット 2015-03-10 11.42.24

↓また、iPhoneに向かって「アー」と声をだすことで、声帯の震えが正常かどうかを診断できます。

スクリーンショット 2015-03-10 11.42.30

↓さらに、iPhoneをポケットに入れて、20歩進み、また戻ることで、身体の搖動を調べることができます。
(注:パーキンソン病では身体のバランスが悪くなる)スクリーンショット 2015-03-10 11.42.39↓ 振戦(Tremor; ふるえること)と活動性には(ここに示すような)負の相関があるので、
スクリーンショット 2015-03-10 11.42.52

↓自らの状態がどうであるかを視覚的に見ることができます。

スクリーンショット 2015-03-10 11.43.25

↓そのほか毎日の血糖値をモニタしたり、毎日の運動量や血圧の様子を把握し、心筋梗塞のリスクを計算したりするのに使えます。スクリーンショット 2015-03-10 11.43.44 スクリーンショット 2015-03-10 11.43.53

喘息の発作などをレポートしてもらうことにより、(大気汚染と喘息のトリガーの関係などについて)研究ができます。

スクリーンショット 2015-03-10 11.44.06

↓これはAppleのホームページから。PM2.5などの濃度が表示されている。こういった大気汚染指標と、喘息発作を起こしている人の関係がリアルタイムに把握できるようになる可能性があります。

スクリーンショット 2015-03-10 12.44.50

乳がんの患者さん向けには、(あまりよく知られてはいない)治療後たどる病状などについての情報を共有してもらえます。

スクリーンショット 2015-03-10 11.44.28

↓こういったリサーチにもっとも重要なことは、プライバシーだと考えています。スクリーンショット 2015-03-10 11.45.22

↓参加者は、参加するかどうかを自らの意志で自由に決めることができます。

スクリーンショット 2015-03-10 11.45.44

↓参加者は、どのようにデータが使われるのか(許可範囲)を決めることができます。
スクリーンショット 2015-03-10 11.45.53

↓Apple社は参加者のデータを見ることはありません(拍手)スクリーンショット 2015-03-10 11.45.58↓そして、これを広く普及させるために、このフレームワークをオープンソースにしたのです。
スクリーンショット 2015-03-10 11.50.26
↓会場拍手の嵐
スクリーンショット 2015-03-10 11.50.58

↓本日の時点で、この5つのアプリはiPhoneで使用してもらえます。

スクリーンショット 2015-03-10 11.51.04

Medical Researchに革命をもたらす

紹介されたアプリケーションの有用性もさることながら、最初に説明された、「データの取得するが少ないことが限界のひとつ」ということに、はっとしました。たしかにそうだったのです。

「データの数を(飛躍的に)増やすことが出来る」「データ取得頻度を上げることが出来る」「(測定装置と一緒にあれば)正確なデータがとれる」といった利点があれば、いままで分からなかったことが簡単に解明されることにつながります。

その端末としてiPhoneなりApple Watchが活躍する(内蔵されている加速度計・GPSやマイクなどを用いる)というコンセプトを感じると、「Apple Watch」のみかたも変わってくると思います。

 - 03 お役立ち, 22 iPhone・iPad・Apple, others, Science

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

線虫を使って癌を早期発見 – 開発者の広津崇亮(ひろつ・たかあき)先生にインタビュー (3)化学走性を用いてがんを診断

 (3) 化学走性を用いてがんを診断 ここでは「化学走性(Chemotaxis) …

プールで泳いでいる人の視点をビデオ撮影

【背景と目的】僕はゆっくりと泳ぐ水泳が大好きなのですが、一度、泳いでいるときの自 …

▼テスラの蓄電池価格は、なんと従来の1/7〜1/10!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! という感じです。4月30日に予告されていた、 …

▼トロント旅行中におけるアスパラガスの楽しみかた

http://tarorin.com/delicious/2015/06/asp …

線虫を使って癌を早期発見 – 開発者の広津崇亮(ひろつ・たかあき)先生にインタビュー (4)大発見はこうして生まれた

アニサキスが早期胃癌に喰いついていた! この大発見は、2年前の、胃内視鏡のエピソ …

▼パンツ考〜加算回数1に挑戦

http://tarorin.com/others/2016/03/1nex/  …

MRIで知る入浴の効果 Effect of taking bath – Japanese ONSEN – visualized with MRI

[Switch to English] 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外 …

▼自動でたたむことまでしてくれる洗濯機

まずこの記事を読んでみてください。 ついに出る、「洗濯物自動折り畳み機」 「・・ …

▼遙かなる冥王星=7月14日へ向けてカウントダウン

探査機が近づいている 2006年に打ち上げられた冥王星探査機 “Ne …

線虫を使って癌を早期発見 – 開発者の広津崇亮(ひろつ・たかあき)先生にインタビュー (最終):検査成績の真価

ではさいごに、論文で結果として示されていることを端的にまとめておきますね。 1. …