TARORIN.COM

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

*

Moto360 – 羨望と失望

      2017/04/24

Section 1:羨望

スマートウォッチ Moto360を購入

Androidとはほとんど無縁だった私が、Android Wear端末のMoto360を購入しました。なぜかって・・いろいろな人のブログをみて「これは・・きれいだ!」と思ったから。Apple Watchは、予想していたのとかなりイメージが違い失望したこともあり、とりあえず、この美しいデバイスを使ってみたくなったのです。
スクリーンショット 2014-12-20 20.53.32

Android端末が必要→ ASUS MEMO Pad7 を購入

Moto360は、「Android Wear」というOSが動作するAndroid端末(スマホ・タブレットなど)が必要です。Android 4.3以上、Bluetooth4.0以上が動作することが端末の要件ですが、後者はまだ新しい規格のようです。自分は詳しくないので、その道に詳しい知り合いの技師さんに調べてもらったところ、ASUSのタブレットが一番安そうとのこと。11000円程度で、アマゾンで購入しました。

スクリーンショット 2014-12-20 21.08.51

Moto360自体も、アマゾンで購入。スチールバンドだと49800円、非スチールは39800円で、シルバースチールバンドのものを購入しました。

スクリーンショット 2014-12-20 21.07.54

Google Playで、Android Wearをダウンロードしたあとで、Bluetoothでペアリングします。Androidを使ったことがないので、いろいろ面食らうこともありましたが、特に大過なく終了。ホッ。

スクリーンショット 2014-12-20 21.09.27

↓Android Wear WatchFacesというアプリをインストールすると、Moto360のFaceを変えることができます。

スクリーンショット 2014-12-20 21.09.14

 

時計の画面で右にスワイプすると、メニューがでてくるので、「ウォッチフェイスの変更」をクリックすると、

スクリーンショット 2014-12-20 21.09.42

こんな感じで、Faceを交換することができます。

スクリーンショット 2014-12-20 21.09.49

 

さっそくいろいろ試してみたのですが、WatchMakerというアプリをダウンロードすると、こんなふうに時計要素をバラで組み立てることもできます。あんまり気が利いた部品はないのですが、しかし位置や大きさなどが自由に変えられるのは面白いもので、このような、時計の中心が偏心したものも作ることができました。Moon Phase(月の満ち欠け)などもあるので、星好きの私としては、「これくっつけよう(^^)」といった感じでなかなか遊べる楽しいアプリでした。

スクリーンショット 2014-12-20 21.13.53

↓これは、内側のサークル位置を、説明のために動かした様子。WYSIWIG (What You See is What You Get = 見たままのものが時計のフェースに反映できる)なので、、、

スクリーンショット 2014-12-20 21.13.24

 

↓こんな風になります。暗めのところではバッチリ光るのが、本当に美しい。本物は、光のハレーションを起こすので、写真よりもさらに美しく、ずーっと見惚れていたくなります。これをしてドライブしたら、皆が「いいな〜」と思うことまちがいありません。この時計は、暗いところや、夜の室内でとくに魅力を発揮すると思います。これは、今までにない、画期的なガジェットです!

スクリーンショット 2014-12-20 21.16.01

 

Section 2: 失望

ところがところが、、です。この「時計」には非常に大きな欠点があることがわかりました。時計であって、時計ではないのです。それはどういうことでしょうか。

Moto360のFaceの明るさのモードには、

  • Bright(明るい)
  • Dimmer(減光)
  • OFF

の3段階があるのですが、美しいBrightモードはわずかに5秒ぐらいしか継続しないのです。ジャイロセンサーが入っていて、自分の顔に時計を向けると、OFFの状態から点灯するのですが、すぐにDimmer(減光)、それもかなりの減光となり、さらには消灯してしまうのです!

ちなみに、「常時点灯」モードというのがありますが、これは「OFFにはならない」というだけで、BrightモードからやはりすぐにDimmerに変わるのです。Dimmerだと、夜光塗料で微かに光っているぐらいで、色味も感じられず、うれしくもなんともありません。「身に着ける喜び」がないのです。

Moto360は「ウェアラブルデバイス」であって「時計」ではない、という悲しみ

Googleの思想は分かります。これはウェアラブル(着ることが出来る)デバイスであって、普通の時計ではないのです。いつもAndroid端末と連携しているから、メールが飛んできたり、スケジュールを教えてくれたり、またGoogleに対して話しかけることもできます。

スクリーンショット 2014-12-20 22.35.09

だから、常にBluetooth接続が必要で、電力も消費します。従って、節電には努めなくてはならず、持ち主が時計を見ていないときは、画面を消す・・・。たしかにそうなります。ウェアラブルデバイスとしてみたとき、欠電してはならないから、この結論は正しい。

Section3: 夢

でも、でもでも、僕は、このデバイスの一番画期的なところは、着せ替えができて、バックライトがついていて、夜でも光ってカッコいいところだと思うんです。みなさん、夜にドライブしていて、下の写真のように光っていたら素敵だと思いません? 隣のドライバーが「えっあれ何!?」ってびっくりしますよ。自分でも繰り返し見て、「TRONみたいだ〜」って感動しますよね。あなたがこれをパーティに身につけていけば、話題をさらえますよ。

スクリーンショット 2014-12-20 20.55.59

 

僕は、Moto360が時計であってほしいなぁ。

  • バックライトを手動で「Bright / Dimmer / OFF」に変えられる

この機能さえあったら、この「時計」の価値が100倍高まると思うんです・・・。僕は、「機内モードON」で、「時計」として使えて、あと「歩数計」が動けば、それでいいなぁ。3時間でExpireしたって、パーティ用として割り切るならアリだと思います。時計のサイズは大きすぎだけど、女の子も、PerfumeのSpring of Lifeみたいな感じの演出できるんじゃないかな。

スクリーンショット 2014-12-20 22.35.15

誰かそういうアプリ、作ったり見つけたりしてくれませんか。実現することを切に願っています!!

スクリーンショット 2014-12-20 23.53.30

 - 03 お役立ち, 22 iPhone・iPad・Apple, 26 その他, Computer, others, Taro's

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Tarorin.com 記事一覧

  (1) お役立ち (2) 乗り物  (3) お星様とダイエット ( …

茅の舎(かやのや)に行って「だし」について聞いてきました

最近評判を聞いた、「だし」がめちゃくちゃ美味しいという「茅の舎(かやのや)」に行 …

ノートPCお掃除

この間から、自分のノートPCが、しばらく膝の上で使うとものすごく冷却ファンが回っ …

Effect of taking a bath – Japanese ONSEN – visualized with MRI

Japanese really like taking a bath! .. e …

腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける (2) 摘出された胆石

これは以前のホームページの記事です(2002/8/13)

携帯メールの 年齢-所要時間 相関

これは以前のホームページの記事です(2002/2/26)

Photoshop Elementsの新機能〜Preview

これは以前のホームページの記事です(2001/8/27)

富士酢とえごま油

朝ごはんです(^^) 富士酢は、同級生のさとなおくんが紹介していたもので、いろい …

iPhoto発表

これは以前のホームページの記事です(2002/1/9)

携帯電話を利用した画像転送の試み

これは以前のホームページの記事です(2002/4/2)