放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

Tarorin.com 記事一覧

実はプリウスはそんなに売れていない

      2018/01/02

年間トップ! しかし最近は・・・

4月6日に自販連の新車販売台数(2016年4月〜2017年3月)で、プリウスが久しぶりに首位に立ったという報道がなされましたね。PHVも2/15に発売になったし、好調なのかな・・・と思って実数をみたらあれれ?

実は最近3ヶ月間ではノートが首位

最近の3ヶ月を見て驚いたのですが、実は最近の3ヶ月をみると、日産のノートが首位なのです。そしてこのことが報道されていません!

また、プリウスは、2017年1月の「前年比」を見ても分かるように、新型になっても実はそれほど売れておらず、また2/15からのPHV販売が始まって1ヶ月経った2017年3月も、前年比 71.4%なのです。

圧倒的な勢いのあるノートに比べて、プリウスは明らかに失速しています(以前のとてつもない成功と比較すると、ですが)。

プリウスがいい車なのに売れ行きが悪かったり、ホンダのフリードやスバルのインプレッサの売れ行きが良かったり、というのを見ると、やはりデザインは大切だなあと感じます。

CH-Rもがんばっていますね。長続きするかはちょっと心配だけど、とりあえずこういったデザインのSUVはなかったので、それなりには行ける感じがします。個人的にはあのトヨタマークのハナにこだわるのはよしておけば良いのにと思います(それがないハリアーはカッコよいし)。

これから買う人は、報道のみに惑わされず、実数を見ることが大切ですね。人気がないとリセールバリューがないですから。僕が記者なら、過去1年間の積算台数もニュースにするけれど、ここ3ヶ月の、もっとはっきりとした傾向についても同時に書くと思います。というかこちらがより重要でしょう。なぜ、後者については書かないのでしょうね。

ちなみに自販連のページはこちら

過去3ヶ月の、トップ15のスクショを以下に貼ります。

 - 04 EV・テスラ, 41 車一般, 43 EV,

  「04 EV・テスラ, 41 車一般, 43 EV, 」カテゴリーの人気記事

リーフは実航続距離240キロ、基本的に買いでOK!
リーフは実航続距離240キロ、基本的に買いでOK!

日産リーフが発表され、10月から販売されることになりました。さっそく、銀座日産シ...

テスラ・モータース・ジャパンの新しいカントリーセールスディレクターに吉田篤司氏が就任
テスラ・モータース・ジャパンの新しいカントリーセールスディレクターに吉田篤司氏が就任

新しいカントリーセールスディレクターに吉田篤司氏が就任 2018/4/20(金...

共同住宅でもOKの電気自動車「日産ノート e-POWER」はみんな欲しいはず (2) リーフ・テスラとの驚愕の比較データ
共同住宅でもOKの電気自動車「日産ノート e-POWER」はみんな欲しいはず (2) リーフ・テスラとの驚愕の比較データ

Section 2:ヲタク編 はい、ところ変わってこちらは「ヲタク編」です...