放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

Tarorin.com 記事一覧

国立科学博物館「人体」特別展〜消化管コーナーで紹介されていました。(6月17日まで)

      2018/05/05

上野の国立科学博物館で催されている「人体〜神秘への挑戦」特別展を見てきました。

消化管コーナーの胃の動画で、自分の名前付きでかなり長く使ってもらっていました。大変光栄です。

写真は以前のTV放映時のものです

 

内容は大変見ごたえがあり、ベザリウスの解剖やハーベイの実験なども詳しく、これから本番を迎える「医学概論」の授業用としても参考になりました。販売されていた本がとても役立ちそうだったので、購入しました(2300円)。

配布されたパンフレット。ダビンチのスケッチがたくさん展示されており、その静置なスケッチと、概念の理解には驚かされます。解説の中で「彼の知見は当時のレベルを遥かに超えていたため、周囲の人に分からせて一緒に興奮し発展するという影響を与えられなかった」旨の説明がありましたが、すごい、なるほど!と思いました。

ヴェサリウスの解剖図譜は、授業でも取り扱うところですが、原本(復元)はすばらしいものでした。

「キンストレーキ」はKunstlijk というオランダ語に由来した日本の発音で、 “Kunst”は「人工の」、”lijk”は「死体」を意味するそうです。授業でもこういった『分解できる」標本を用いますが、ここに起源があるのですね。

ちなみに、オランダ語の j は yと同じような感じで、LIJK は ライク と発音するのではないかと思います。 Rijksmuseum (ライクスミュージアム)は、綴りがにていますけれど、Rijksは国立という意味で、アムステルダムにある国立博物館のことです。

また、最近のNHKスペシャルでとくに強調している、内蔵から出る物質の相互コミュニケーションがわかりやすく展示されていました。


久しぶりにシロナガスクジラやフーコーの振り子を見れて懐かしかったです。

フーコーの振り子は、昔は3cmぐらいの高さのピンがだんだんと倒れていくものでしたが、今はデジタル表示になっていますね。


連休で混んでいますが、朝8時半に行ったら10時からの整理券をもらえました。もう20万人を超えたそうです。

 - 08 MRI・医学, 81 医学一般, 82 MRI

  「08 MRI・医学, 81 医学一般, 82 MRI」カテゴリーの人気記事

2つのクリニックの新規開院(1)PICTORUみたかクリニック(杏林大学附属病院前)ー DWIBS撮影もできる
2つのクリニックの新規開院(1)PICTORUみたかクリニック(杏林大学附属病院前)ー DWIBS撮影もできる

週末は、友人の関係する2つのクリニックが開業し、その内覧会に行ってきました! ...

「光免疫療法」の小林久隆先生に会ってきました [光免疫療法とは何か・詳細解説]
「光免疫療法」の小林久隆先生に会ってきました [光免疫療法とは何か・詳細解説]

昨日は、「第1回がん死ゼロ健康長寿社会 膵がん診断・治療シンポジウム」にお招きを...

痛くない乳がん検診 〜 7病院で始まりました
痛くない乳がん検診 〜 7病院で始まりました

痛くない 高精度乳がん検診〜 「無痛MRI乳がんドック」 半年で全国7病院に。...