TARORIN.COM

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

*

無被曝の全身がん検診

すでにがんがあると分かって、その経過観察をする目的と違い、検診で全身の癌をみつけるには、相当な注意と準備が必要です。
※ 他院で同様のサービスを行っていても、Body DWI研究会で目指している検査品質を満たさない可能性があり、ご注意ください。

現在、これを行っていて、私が品質を担保しているのは以下の病院です。


 

●[高画質]すずかけセントラル病院(浜松市)

この病院では、
①年2回〜3回のドゥイブス法撮影(高画質=Philips Ingenia 3.0T)
②脳ドック
③超低被ばく肺がんCT検診
④胃内視鏡検査
⑤大腸内視鏡検査
⑥そのほか血液検査など

をあわせて行っており、極めて高い総合品質です。
詳しくはリンクをご覧ください。東京からもお越しになっているかたがいらっしゃいます。
高額の検診ですが、PET検査で提供されているのと比較して “複数回施行できる(放射線被曝なし)” のが大きな特長です。z
また、私が検査結果を直接説明し、さまざまな相談にものっております。


 

● メディカルスキャニング(東京、神奈川、埼玉)

この画像診断センターでは、中程度の画質で、かつドゥイブス法+他のMRIのみ(1回検査)(シーメンス装置が主)です。本来は胃内視鏡なども組み合わせるべきですから、その意味では簡易検査として行っています。比較的安価に受けることができます。

 

公開日: