TARORIN.COM

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

*

ISMRM-明日のSunrise Course(WB-DWIによる治療効果判定)+ISMRM E-library

   

ISMRMご参加の方へ

本年のISMRMでは、腫瘍に対する治療効果判定を、DWIを用いて定量的に評価することが一つの大きなトピックになっています。明朝(2016-5-11水) 7:00〜7:50のセッションは、このことを解説する教育講演が行われます。

スクリーンショット 2016-05-10 15.16.59

私が座長を務める予定です。座長はしょぼいと思いますが、

・最初の講演は、腫瘍に対してどのようにWBDWIで治療効果判定をするか
・2つ目の講演は、骨転移に対してどのゆにWBDWIで治療効果判定をするか

について包括的に解説される予定で、ADC histogram analysiscDWIも扱われ、よくわかると思います。
ご興味のあるかたはぜひお越しください。

なおISMRMに参加出来ない方も、以下のように、後から動画で見ることが出来るサービスが始まりましたので、有料ですがこのセッションも後でWeb上でご覧になれる可能性があります。ISMRMは割と消化不良になりやすい学会ですので、WB-DWIに限らず、とても役立ちそうです。

http://www.ismrm.org/e-library/

スクリーンショット 2016-05-10 15.30.22

PROGRAM
Moderators: Jeong Min Lee, Taro Takahara
07:00 Tumor Diagnosis with Diffusion

Nandita deSouza1
1The Institute of Cancer Research, London, UK
Diffusion-weighted MRI (DW-MRI) exploits the incoherent motion of water molecules within tissues to generate contrast.  Many solid tumours exhibit restricted diffusion of water molecules compared to many normal tissues, leading to bright signal on diffusion-weighted images and low values of Apparent Diffusion Coefficient (ADC).  Increase in necrosis/cell death after treatment increases ADC which has been shown to be predictive of response to chemotherapy in various tumour sites.
07:30 Multiparametric MRI Therapy Response in Bone

Anwar R Padhani1
1Mount Vernon Cancer Centre, UK, anwar.padhani@stricklandscanner.org.uk
Multimodal bone marrow imaging has the potential to address the unmet need for a robust imaging methodology that allows understanding of tumor biology, lesion detection and therapy evaluation of advanced metastatic disease. This means that there is a clearer categorization of bone metastases response. Multimodal bone imaging could be used for both clinical practice and can be incorporated into clinical trials, generating new biomarkers that in turn will require independent validation.
08:00 Adjournment & Meet the Teachers

 

 

 - DWIBS

  関連記事

スクリーンショット 2015-12-11 18.47.19
DWIBS、遂に 乳癌でも本格始動!

▼今日は古巣の聖マリアンナ医大に行ってきました。ブレストセンターで活躍し、日本の …

スクリーンショット 2014-12-05 19.01.34
DWIBS法による全身DWI撮影の現状〜なぜSTIRが必要なのか

このページは、専門家のための医学的な記述となっております。一般の方で本法(DWI …

スクリーンショット 2014-11-12 10.36.59
▼ 筋損傷 Muscle Injury – DWIBS

自分が経験した筋損傷、とても貴重でリアルな画像が撮れたので公開! 歩きスマホでぶ …

スクリーンショット 2015-11-25 13.08.08
骨転移ガイドライン それでも骨転移はDWIで高信号を呈する

骨転移ガイドラインの新版が日本臨床腫瘍学会から発行されました。   そ …

スクリーンショット 2016-01-03 9.09.48
DWIBS法の動画説明 がんの経過観察に使えるMRI

がんの経過観察に使えるDWIBS法について、動画説明を加え、 また受診可能病院に …

スクリーンショット 2016-02-02 7.45.52
▼過剰体重がもたらすもの – MR neurographyの発見

今朝こんなメールを、ユトレヒト大学の友人に書いちゃった。(MR Neurogra …