放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

放射線科医・MRI専門家の高原太郎個人ブログ

Tarorin.com 記事一覧

湘南鎌倉総合病院と、20年ぶりのできごと

   

湘南鎌倉総合病院「無痛MRI乳がん検診」が始まる

 今日は、「無痛MRI乳がん検診」の開始が8月2日に迫った湘南鎌倉総合病院に行って、最終画質チェックをしてきました!

いよいよ、徳洲会80病院の総本山で、痛くないMRI乳がん検診が採用になるのです(リンク)。神奈川県で初めての提携病院ということにもなります。

LINE@ 経由で以前お問い合わせをしてくださった、東海大にゆかりのある方が、急遽ボランティアとして来てくださり、検査もうまくいって大変安心しました。乳腺外科の先生もMRI室に同席をしてくださり、大変ありがたかったです。

それに加えてさらにうれしいことが。

MRI自由自在がご縁の20年ぶりの出会い

 もうお一人のボランティア(湘南鎌倉病院の事務職員)さまに名刺をお渡したら、「ひょっとして藤沢市民病院にいらっしゃいませんでしたか」と聞かれたのです。私が藤沢市民病院に在籍したのは1998年4月〜1999年3月のたった一年きりです。

ちょうどそのときは、「MRI自由自在」の執筆をしていました。37歳の私には体力があり、当時は3時間程度の睡眠で書き上げました。(はじめての著書なのでなにか記念になることを、と思い、小さかったこどもと一緒にレゴで組み立てたMRIを裏表紙にしてもらいました)

驚いて事情をお伺いすると、その頃には藤沢市民病院にお勤めで、ちょうど99年3月に出版されたばかりの「MRI自由自在」を、当時放射線科部長だった蘆田浩先生が紹介してくれて、勉強したことがあるというのです。

事務職員の方が、です。それも、私の名前を覚えてくださっていたという・・・。

もう本当に驚きました。20年の時を経て、たまたまMRIのボランティアに応募してくださり、お目にかかることができたのです。こんな感動ってあるでしょうか。

蘆田先生がそんなことをしてくださっていたことは全く知りませんでした。ありがたくて涙が出そうになります。

鳥恵(とりけい)@大船

 その後、横浜栄共済病院(1998年勤務)のときに忘年会などでお世話になった居酒屋「鳥恵(とりけい)」寄りました。夜10時のラストオーダーにギリギリ間に合いました。

お刺身がとても美味しいところ(それもリーズナブル)なのですが、もうひとつ美味しいのは手羽餃子。なつかしいなつかしい味を楽しみました。

店内はあのときの風情と同じで、とても心がやすらぎました。

 今日は、その他に、今後の仕事につながる2つの大変重要な出会いがあり、その2つがつながり、非常に特別な一日になりました。

こんな日もあるんだ、努力していてよかったと、しみじみ思いました。

こういうのって、セレンディピティビティとも言いますが、「計画性のある偶発性理論」とも言うんだそうです。確かにそうだな・・・と感じる一日でした。

 - 08 MRI・医学, 09 こころ, 80 DWIBS, 82 MRI

  「08 MRI・医学, 09 こころ, 80 DWIBS, 82 MRI」カテゴリーの人気記事